ILYA

ILYA BLOG

ILYA Early summer collection

若葉がまぶしい気持ちのいい季節になりました。
新緑は人も元気にしてくれそうです。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

初夏を軽快に彩るILYAスタイルをご紹介致します

 

 

 

 

 

上質なコットン素材が作り出すサフランイエローに心奪われるMARNIのノースリーブブラウスと
モードな雰囲気のテーパードシルエットを生かしたN゜21のパンツで
さりげないリラックス感のある装いに!
サイドに優美なレースをあしらったホワイトカーデガンで華やぎを添えた着こなしを!
IMG_2153
N゜21 / cardigan ¥98000+tax
MARNI / blouse ¥95000+tax
N゜21 / pants ¥43000+tax
sans-Arcidet / bag ¥17000+tax

 

 

 

 

 

深めのVネックにボリューミーなラッフルがデザインされたブラウスには
甘くなりすぎないマニッシュな香りが漂います。
IMG_2157
MARNI / blouse ¥95000+tax

 

 

 

 

 

涼やかなコットン×リネンの白パンツは裾にかけての黒のパイピングがポイント!
初夏のマストアイテムです!
IMG_2156
MARNI / blouse ¥95000+tax
N゜21 / pants ¥43000+tax

 

 

 

 

 

sans-ArcidetのNewラフィアバッグ “MOTU  BAG“
「最高級の天然素材」 「100%のハンドメイド」 「フランスならではの色使い」 
拘りが詰まったバッグです。
IMG_2231
sans-Arcidet / bag小 ¥17000+tax
sans-Arcidet / bag大 ¥23000+tax

 

 

 

 

 

ラフィアをシャギーカットしたコロンとしたフォルムが
とてもキュートなバッグです。
軽くて涼しげな夏の装いにさりげなくなじんでくれます。
IMG_2233
sans-Arcidet / bag小 ¥17000+tax

 

 

 

 

 

 

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。


三度目となる “ANTONINI SPECIAL DAY” 開催

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

今回もアントニーニ氏自ら
「イリヤで新作発表会を行いたい。」とオファーを頂き、
今回で3度目となる新作発表会を開催する事となりました。
これもひとえに皆様のご愛顧の賜物であると改めて深く感謝しております。

2017バーゼルワールドで発表されたばかりの新作や
通常日本では展開されていない商品をアントニーニ氏本人が自ら持って来て
お客様一人一人にジュエリーをご提案させて頂きます。

日本でも、ミラノでも、他では経験出来ない
特別なひとときを皆様に感じて頂ければ幸いです。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

ANTONINI SPECIAL DAY

5/18(木) 10:00~18:00 at.ILYA Fukuyama

timthumb-580x386

 

ANTONINIのジュエリーはもちろんのこと、
セルジョ・アントニーニ氏自身もとても注目されております。
ファッション誌「LEON」でも大きく取り上げられていました。

CIMG4581 CIMG4583
CIMG4585 CIMG4586

1919年に宝石商として創業したミラノのアントニーニ。
ミラノのマンゾーニ通りに本店がある。現在は三代目となり、
ミラノ建築大学で建築学とアートを学んだ兄弟、セルジョとカルロが受け継いでいます。
アントニーニのテーマは「宝石箱にしまっておくジュエリーではなく、
いつでも使えるジュエリー」です。またアントニーニはイタリアのハイソサエティ
(上流階級)御用達ブランドであり、世界各国に顧客を持ち、
今最も世界中から注目を集めているジュエリーブランドです。
毎年行われている、世界最大宝飾店であるバーゼルフェアにも出店しています。
類いまれなる職人の伝統的な技術に支えられ、
すべてハンドメイドで生み出されるジュエリーには、
完璧なシルエット、宝石の大きさ、彩りの鮮やかさ、この3大要素のすべてが集約されています。
立体的で建築的なフォルムや、光と影の使い方、色彩豊かな宝石のセッティングなどが特徴。

 

ANTONINI HISTORY


1919 ミラノにアントニーニ創業。イタリアのハイソサエティ(上流階級)の間で話題になる。

1989 3代目のセルジョとカルロアントニーニが継ぐ。二人はミラノ建築大学で 建築学を学び
建築物からインスピレーションを受けたジュエリーや石に 対する
知識とクリエーションへの情熱を形にした。そして今までにないジュエリーを発表する。

1991 イタリアだけでなく、世界にイタリアを代表するブランドとして紹介される。

1994 Saks Fifth Avenueや三越など世界の一流店舗で取り扱いが始まる。

1996 シルクコート、ダイヤモンド、球体のブルーのエナメルから作られた
「夜の女王」と名付けられた 作品が、ジュエリー界で最も権威のある賞
「ダイヤモンド・インターナショナル大賞」を受賞。

2006 イタリアの建築家フェルーチョ・ラビアーニによるデザインの
日本初のフラッグショップが 六本木のけやき坂にオープン。

2007 日本に二店舗目を出店。