ILYA

ILYA BLOG

2021 Spring / Summer Collection ILYA 34

ゴールデンウイーク 中日ですが、久し振りの
お友達との 寛ぎの 楽しみな ひと時の 装いに 最適な
スタイルとして ERMANNO SCERVINO ブランドのご紹介を
させていただきたいと思います。
ERMANNO SCERVINO は イタリアの フィレンツェ にて
設立された 超高級 ファッション ブランドです。

ERMANNO SCERVINO ブランドは フィレンツェ なので
お洋服の ご案内は 次の ブログに 期待していただいて
今回の ブログは 久し振りに 旅 情報で 
フイレンツェの 街を ご案内してみますね。

町全体が 美術館のような フィレンツェは
まるで ロングブーツのような 形をしたイタリアの中で
北は ミラノ、中央に ローマがあり、フィレンツェがあるのは
ちょうどその 2都市の 中間あたりにあります。

アルノ川のほとりに 赤茶色の 甍が 広がり
ドゥオモが 天高く そびえる フィレンツェは
1982年 世界遺産に 登録されました。

トスカーナの 丘に 囲まれた フィレンツェは 芸術の都。
メディチ家の 繁栄と 富に 支えられ 15〜16世紀には
ルネサンス文化が 開花して 街全体が「屋根のない美術館」といわれています。
ドゥオモを 中心に 往時の 栄華を 偲ばせる 見どころが 点在しています。

皆様 よく ご存じの レオナルド ダ ビンチ、ミケランジェロ、ラファエロなど
沢山の 世界的に 有名な 芸術家が 開花できた 街が フィレンツェです。

少し フィレンツェの 観光 街歩き スポットを ご紹介してみます。


「ミケランジェロ広場からのフィレンツェ」
アルノ川 南岸の 小高い丘の上 にある広場 からの景色です。
アルノ川に 架かるヴェッキオ橋や ドゥオモなど
フィレンツェの街が 一望出来ます。

 


「ヴェッキオ橋」
アルノ川に 架かる 二層の橋です。
かつては ウフィッツィ宮殿と ピッティ宮殿を
結ぶ 渡り廊下でした。

 


[ドゥオモ」
フィレンツェの「ドゥオモ」といえば、正式名称
「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」で
「花の聖母(マリア)」という意味で フィレンツェのシンボルです。
高さ106mのクーポラ(円蓋)が 目印の花の聖母教会で
1296年から 約140年の 歳月をかけて 完成した
多色使いの 大理石の 大聖堂です。

 


[シニョーリア広場」
ネプチューンの噴水や 彫像が 並ぶヴェッキオ宮殿 前の広場。
中世以来、フィレンツェの 政治の 中心だった場所です。

 


「ウフィツィ美術館」
フィレンツェ 最大の 見所である ウフィツィ美術館は
ルネサンス様式の 壮麗な建物に、ボッティチェリの『春』
『ヴィーナスの誕生』など、巨匠たちの 作品が 目白押しの美術館です。

 


「アカデミア美術館」
19世紀に美術館として開館。ミケランジェロの最高傑作「ダヴィデ像」は 最も有名な作品の
ダヴィデ像がある ホールへ向かう 途中の通路には、ミケランジェロ 未完の4体の 奴隷像が並び
他にも、13~16世紀のフィレンツェ派の 絵画や メディチ家の 古典楽器などが 収蔵されている。

 

 
「ピッティ宮殿」
豪商 ピッティが 15世紀半ばに建て
メディチ家が 居城とした 大宮殿です。
宮殿内には 美術館や 博物館があります。

 


「サンタマリアノヴェッラ教会」
1360年に 完成した ドメニコ派の教会。
フィレンツェ中央駅の 前に建ち
寄せ木細工のような ファサードが 美しい。

 


「フェラガモ博物館」
1000年~1100年に建造された歴史的建造物の中にある博物館。
フェラガモ創業者であるサルヴァトーレ・フェラガモの生涯
彼の作品や芸術的側面、靴のみならず 世界のモードの 歴史博物館です。


フェラガモの靴だけでなく、芸術やデザインなどの展示会も行っている。

フィレンツェの 簡単な 市内マップです。
市内は 殆どが 徒歩圏内で 街歩きできます。

 

まだまだ 沢山の 見所 豊富な フィレンツェの 街です。
美術、芸術、音楽、食事と あらゆる ジャンルで
お楽しみいただける 街 だと思います。

参考までに
お勧め ホテルと レストランも ご案内してみますね。
大人の方には、
Rocco Forte SAVOY H   ドゥオモに 最も近くて、上品で高級です。
Bernini Palace H     アルノ川沿い
Westin Excelsior H            アルノ川沿い

若い方には
Portrait Firenze H            アルノ川沿い  ウフィツィ美術館に近い
Lungarno H                    アルノ川沿い ウフィツィ美術館に近い

レストランですが
フィレンツェの 食は 特に 赤ワインを 楽しみながら、フィレンツェ名物の
ビステッカ アッラ フィオレンティーノ (T ボーン ステーキ)がお勧めです。
Borgo San Jacopo R                  アルノ川近くて景色もよい  Lungarno H 内 1F
Frescobaldi R   (お勧め)             シニョーリア広場に面していて、LUCE の ワインを飲んで 食する。
Golden View Open Bar        ヴェッキオ橋近くでロケーションが良い
La Bottega del Buon Caffe R      アルノ川近くで ミケランジェロ広場の麓
Enoteca Pinkiori R         様々なワインとトスカーナ料理 郊外

トラットリアでのお食事も参考にしてください。
lla Vecchia Bettola                     中心部から少し離れています。
Cibreo Caffe                              サンタクローチェ教会近く、 カジュアル

フィレンツェの 街歩きに 興味を 持たれましたか。

コロナ架が 終息したら、是非とも イタリア
フィレンツェでの ルネッサンス 文化、芸術を
奥 深く 探索されてみては 如何でしょうか。

 

ミラノコレクションの フィレンツェの ブランド
ERMANNO SCERVINO  のご紹介は 次のブログを
お楽しみくださいませ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


« |«